東武練馬・上板橋で頭痛・首痛・肩こりに効く整体なら

〒179-0081 東京都練馬区北町1-24-13 北町マンション1階
東武東上線 東武練馬駅南口から徒歩8分 上板橋駅南口から徒歩12分

受付時間 日祝
09:00~11:30 ×
14:30~18:30 × ×

△:土曜 8:30~14:30※昼休みなし
×:水曜午後・日曜・祝日休診

お気軽にお問合せ・ご相談ください
03-5398-6988

ランナーの故障・コンディショニングケア

ランナーの故障・コンディショニングケア

下記のようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度ご相談下さい

  • アキレス腱痛が長引いている(練馬区北町 40代 男性)
  • シンスプリントで走ることが出来ない(板橋区高島平 30代 男性)
  • 肉離れ後の張りが残っている(練馬区田柄 30代 男性)
  • 腸脛靭帯炎で悩まされている(埼玉県川越市 50代 男性)
  • 30キロ以上走るとふくらはぎが攣る(神奈川県川崎市 40代 女性)
  • レース前のコンディションを整えたい(千葉県松戸市 40代 男性)
  • レース後の疲労回復を早めて、次の準備をしたい(練馬区平和台 30代 男性)

サブ4院長のマラソンストーリー

2016年の秋に硬式野球を再開するための体力作りとして2キロのウォーキングをスタート。
この時点で体重は人生で最重量の82キロ。
最初は、重い体を支えて歩くことがやっとでした。

その後、週に1度のウォーキングを継続。
1か月後には、数十年ぶりにジョギングにチャレンジ!
と言っても、2キロ走るのが精一杯。
走ることに慣れていない体には、苦しさしかありませんでした。

そこから徐々に走ることに慣れてきた2017年3月には7キロのジョギングに成功。
その数日後には無謀にも高校生の時以来の10キロを走りました。
翌日の午後に「このまま死んでしまうのではないか?」という、今までに感じたことの無い疲労感に襲われましたが、「ここまで走れるようになった!」という自信もついてきました。

その後、走ることに快感を感じ始めた私は、週に5日は走っていました。
この頃から、私の体に変化が起き始めました。
定期的に起きていためまい発作が激減したのです。
今まで悩まされていた「めまい」と決別出来たことには本当に驚きました。
定期的に体を動かすことで肩や首の筋肉がほぐれ、汗をかくことで新陳代謝が活発になった結果だと思います。

走ることを続けたことでレースに出ることを考え始めた私は、2017年5月に人生初のハーフマラソンを完走。その時のタイムは2時間15分でしたが、何とも言えない達成感を味わってしまいました。そこからがマラソン人生の始まりです。
今でも、赤羽の町で一人祝杯をあげたことを思い出します。

結果的に体重は68キロまで落ちました。14キロの減量です。
ご近所さんからは「先生、病気なのでは?」と思われるくらいの痩せ方でしたが、現在は72キロまで戻り、自分に合った体になりました。 

それ以来、フルマラソン7回(PB3時間55分)ハーフマラソン8回(PB1時間43分)全て完走している52歳の市民ランナーです。

最初の頃は踵が痛くなったり、ふくらはぎが攣ったりを何度も経験しました。
20キロ走の途中で脚が動かなくなり、途中の駅から電車で帰宅したこともありました。
現在も、フルマラソンの30キロ以降は何らかのアクシデントが起こります。

このように2キロのジョギングからサブ4ランナーになるまで、様々な経験をしてきました。
お恥ずかしいですが、低血糖で手先が痺れたり、脱水症状で点滴の経験も…
今では自分の身に起きたリアルな体験と対処法をお伝え出来るようになりました。

記録的には決して速いとは言えない市民ランナーですが、全くの初心者からサブ4達成。
その後も走り続けている経験を活かせる人生ってなかなかないと思うのです。

この実体験と共に皆様のお役に立てるようになりました。

これからマラソンを始めたい方。
走ることによる起こる体と心に不安を感じてる方。
走り続けていくために傷まない体作りをしたい方。
レース前後のコンディションを整えたい方。
走りすぎて痛めてしまい、なかなか回復せず走れない方。

ランナーそれぞれが抱えている様々な問題を解決するお手伝いをさせて頂きます。

サブ4院長による故障ケア

これは私の個人的な意見ですが、マラソンをされている方の多くが故障との闘いをされているように思います。

実は私も…走り始めた頃は。多少の痛みがあっても我慢しながら走っていました。

患者さんには「痛みは我慢しないほうが良いですよ」とアドバイスしている側として、とても恥ずかしいことですよね。
この時は走っているうちに痛みが和らげば大丈夫!そんな勘違いをしながらなんとか走れていました。

しかし、2020年1月の赤羽ハーフマラソンのレース直前のストレッチで太腿の前面に肉離れを起こしてしまったのです。
これは、レース2日前に調子に乗りダッシュをした結果、太腿に張りが残っていたのです。完全にレース準備の大失敗です。

その日は棄権せず、痛みのない足の運びをみつけながら走りました。
結果は、ハーフマラソンの自己ベスト(1時間43分)でしたが、その日から故障者リスト入りです。
患部が回復して本来の状態になるまで約3ヵ月かかりました。
これはランナーあるある。無理をして走り切れてしまった代償です。

その後は自分で鍼灸を定期的に行い、痛みなく走れるようになりましたが、患部のしこりがなくなるまで1年くらいかかったと思います。
本当にお恥ずかしい体験ですが、この実体験と解決法をランナーの皆様に活かせるのが私の強みです。

肉離れ・シンスプリント・腸脛靭帯炎は患部への鍼灸施術が効果大です。
同時に、全身のバランスを整える整体による調整。
さらに、走ることに1番大切な足首、足裏の調整を徹底的に行います。

故障の原因のほとんどがオーバーワークです。
瞬間的に起こるアクシデントの場合も、ほとんどの方が傷める少し前から違和感を感じています。

まずは故障部位の改善を目標に施術していきますが、治る体作りも同時進行で行います。
なぜなら…そもそもの体が元気な状態でいなければ、患部の回復が遅くなるからです。

例えば、風邪を引いてしまった時に風邪薬を飲むとします。
同じような症状で同じ薬を飲んだとしても、早く効く人となかなか効かない人がいますよね?
それはなぜか?体に備わっている働きに違いがあるからなのです。
生身の体ですから、誰でも風邪は引きます。
しかし、日頃から元気の素を貯めている人と使い続けて元気が枯渇している人では明らかに差が出るのです。
このように、日頃から治る体作りをしていくことも大切な事なのです。

一般的な施術院では患部の施術だけにフォーカスすると思いますが、ひかり整骨院は患部も全身も同時に整えていくのはそのためなのです。

その結果、一般的な施術よりも約3倍早く回復されて、レースに復帰されています。

サブ4院長によるレース前のコンディショニング

自己ベスト狙うランナーも完走を狙うランナーもレース前のコンディション作りが大切です。

レース当日を最高のコンディションで迎えるためには何をしたら良いのでしょう?
それは、本番2週間前からのコンデション作りです。

ほとんどのランナーは本番2週間前までに強度を上げた練習を行います。
この時点での脚の疲労はピークになっています。
このタイミングでレース前のケアをしっかり行うことで、本番をベストな状態で迎えることが出来るのです。

たとえ故障があったとしても、2週間前から集中的に施術を行なうことで何とか本番に間に合うケースが多いです。
最初の1週間をその時のマイナスからゼロに戻すための回復期としての施術、あとの1週間は脚を動かせることを確認しながら、当日の不安を解消していくためのコンディショニングニング施術。

これが、1週間前からでは、マイナスからゼロへの回復期間で終わってしまいます。
ある程度不安なく走れる状況が確認出来ないと、満足なレースは出来ませんよね?

もちろん、レース直前にしか来院できない場合もあるので、出来る限りのお手伝いをさせて頂きます。あとは自分を信じて本番に臨むのみです。

しかし…マラソンという競技はごまかしが効きません。
何カ月も前からコツコツ積み重ねたことが結果として現れるのです。

そのためにも、日頃から痛みのない状態でも定期的なケアによる疲労回復。
さらに、レース本番2週間前からのコンデショニングニングケアをオススメしています。

サブ4院長によるレース後のケア

レース後の体は様々なダメージを受けています。
脚の筋肉疲労はもちろんですが、長時間走り続けることで内臓にも負担をかけています。

超回復には休息と共に、メンテナンス施術によりしっかり疲労を除き、元気な体に回復させることが大切です。

それが、全てにおいての超回復に繋がるのです。

さらに、次の目標に向かって走り出すために必要なことは、元気な脚で走れることですよね?
リフレッシュした体でステップアップしていく先にみえるものは…
それぞれの目指す世界があると思います。

このようにレース後のケアとパワーアップするメンテナンスを行うことで、体と心の調子の浮き沈みが少なく、気持ちよく練習出来ます。
練習は苦しいことが多いと思いますが、楽しくなければ続きません。

マラソンはコツコツ練習して、一歩一歩進んで行く競技です。
コツコツ進んで行ける体作りをしていきましょう。

故障が改善されたランナーの喜びの声

足首捻挫からの下肢の不調が約3週間(4回)の施術で回復!
本番レースでは100キロ以上走れました。

お名前:阿部圭佑様  年齢:30代  職業:団体職員

【来院理由:足首の捻挫とそれをかばっての各所の張り】

Q どの様な理由で当院を選ばれましたか?

院の外に、院長自身がランナーである事が書かれており、ランナーの事が良く分かっていらっしゃるかと思い選びました。

Q 実際に当院の施術を受けてみた後の症状の経過・結果・感想をお教えて下さい。

2021年に受傷し、11月のトレイルランニングの大会に参加後、11月下旬に各所の痛みが強くなったところ
1回目の治療で足首の傾き・ズレが改善し、治療から1週間後にはランニングを再開でき、1ヶ月で30㎞程度の大会を、年末には爪トラブルでリタイヤはしたものの筋肉系のトラブルなくトレイルランニングで100㎞オーバーまで走れるようになりました。

毎回の施術で張りが驚くほど解消します。
また、自分の身体とも良く向き合うようになりました。

Q 院長、スタッフの対応・他院との違い・院の雰囲気などはいかがですか?

院長が気さくで、何でも話ができます。
また、院長もランナーなのでランニングの話が楽しいです。

Q ご家族、お友達にご紹介していただける場合、どのような整骨院と伝えてあげたいですか?

一人一人の身体に合った治療をして貰える整骨院です
アドバイス通りに生活すれば必ず良くなると思います。

<院長より>

阿部様 奇跡の回復おめでとうございます。
足首の捻挫は関節のズレが生じるので、そのままの状態で長距離を走り続けるとふくらはぎ、膝、股関節、臀部、腰に痛みや不具合が起きてしまいます。
こうなってしまうと患部の施術だけでは根本解決にはならないのです。

全身の調整をすることによって、予想を越えた回復と共に100キロ以上走った2週間後のハーフマラソンでも自己ベストを出されました。
これは、レース後のメンテナンスをされたことによる超回復の結果だと思います。

これからもレース前、レース後のケアをしっかりお手伝いさせていただきますね。

ランナーの故障・コンディショニングケア
施術料金

初回カウンセリング料 3,300円(税込)
施術料 一般    :7,700円(税込)
高校生   :6,600円(税込)
中学生まで :5,500円(税込)

ランナーの故障・コンディショニングケア
施術の流れ

お問合せ

当院は完全予約制です。当日の空きがある場合もございますので、まずはお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せ・ご予約はこちらへ

03-5398-6988

受付時間:月~金 9:00~12:00/14:30~18:30 土 8:30~14:30
定休日:日、祝

受付

診療説明書と問診票をお渡しします

ご予約時刻の10分前までに、ご来院ください。

初めての方には、受付スタッフが当院の治療理念や施術方法、料金についての診療説明書と問診票をお渡しします。

先に診療説明書をしっかりお読みください。
内容をご理解いただくことで施術効果が高まります。

診療説明書の内容をご理解して頂けましたら、問診票の記入をお願いいたします。

※ご自分の体に起きていることをお知らせしていただけると、カウンセリングがスムーズに行えますのでご協力をお願いいたします。

症状や今までの経過についての詳しい内容については、改めて院長からカウンセリングをさせていただきますので、どうぞご安心ください。

検査・カウンセリング

どんなことでもお気軽にご相談ください

基準となる背骨の検査

初めてでもリラックスできるように安心・安全・ホッとする環境でカウンセリングをさせて頂きます。

気楽に何でも言えるカウンセリングにより、今まで我慢してきた症状のストーリー、痛みや不調への気持ちをしっかり受け止め、心に溜まっていた思いを開放していただきます。
※米国公認NLPプラティショナーの資格取得

 

主に5つの検査(動きの検査、背骨・骨盤の検査、腹部の検査、足首の検査、頭蓋骨の検査)を行い症状の原因を確認します。

今までの症状と5つの検査結果を総合して、治療方針、治療期間の目安をお伝えします。

治療方法や料金等、不安なことがありましたらお気軽にご質問ください。

痛みや不調を原因から整える基本施術

☆首・顎・頭蓋骨の調整

体を良い環境で保つには、脳からの指令が体にスムーズに伝達されることが大切です。

それには、首・顎・頭蓋骨との繋がりや動きが良い状態でいること。
そのためには、首から頭蓋骨周辺の筋肉・関節が柔らかく動くことがベストです。

首と頭蓋骨の関係性、頭蓋骨と顎関節の関係性。

顎関節の咀嚼運動も全身に影響しています。
咀嚼の刺激も脳へ作用します。

首・顎・頭蓋骨を整えることで、脳血流の増加、脳脊髄液の流れ、ホルモンの働き、自律神経のバランスが整い治る体に戻るのです。

☆足首の調整

体を支えるために重要な足首
足首の着地が不安定な体の状態は、地盤の緩い場所に建物が立っているのと同じです。
この状態で地震が起きてしまったら、建物は簡単に倒れてしまいますよね。

体にも同じ作用が働きます。
足元が安定している体は下半身・上半身に必要以上の力を入れずに楽に立つことが出来ます。

逆に、足元が不安定な場合は下半身・上半身に必要以上の力を入れて立たなけらばならないのです。

そこで起来ているのが体の軸となる背骨・骨盤の歪みや捻じれです。
これは体が崩れないために必要な事なのですが、体中にかなりの負担が掛かります。
負担が掛かった場所が耐えられなくなると何が起きるのか?

最終的に痛みや不調を出すのです。

土台を整えることで骨盤、背骨の位置が良い状態に戻り、体全体への負担が減ることで楽な体に戻ります。

☆お腹の調整

痛みや不調のストレスはお腹に緊張が起こります。
お腹の皮膚や筋肉を緩めることで自律神経の働きが安定して副交感神経優位(リラックス)の状態に戻ります。

血液の流れも良くなり体が温まるので胃腸の働きが良くなり、体を作る基である栄養の吸収も活発になります。

最小単位は細胞です。
元気な体=細胞が元気
元気な細胞を沢山の持っている方は、自然治癒力が高いので
必然的に治る体になっていくのです。

このように足・頭・お腹を整え、全身の働きを良い状態に戻す方法は他院にはない三位一体の施術法です。

ランナーに特化したオリジナル施術

☆全身のバランスを整える整体

足元から首まで、その時の体の状態に適した部位からアプローチするひかり式整体。
過度な肉体と心の緊張から解放されるために、まずは全身の歪みを整えます。
全身の歪みを整えることで、背中の筋緊張が楽になり自律神経の働きが正常に戻ります。
その結果、脳内の神経伝達物質・ホルモン・疲労回復物質の流れが安定し元気な体に回復していきます。

☆鍼灸施術

肉離れやアキレス腱損傷の炎症や硬くなっている組織の回復には鍼灸施術が効果的です。
練習の積み重ねやレースによる肉体疲労は内臓にも影響します。
内臓の疲労回復には温灸が効果大です。

個々の状態によってベストな組み合わせで施術を行ないます。
施術が終わった後の脚の軽さは何とも言えない感覚です。
その場で思わず走りたくなってしまいますよ。

☆エネルギー療法による触れられない部分へのアプローチ

ランナーに大切な腸内環境。消化力や栄養吸収が衰えているランナーは追い込み練習後の回復が遅くなります。さらに、心臓と肺の働きにも大きく影響します。

このように、ひかり整骨院の施術はランナーに特化した施術が可能です。

施術後

専門用語をなるべく使わずに、分かりやすい説明を心がけています。

施術後、どのように体が変化したのか?
ビフォー・アフターを交えて、分かりやすく説明をいたします。

体の感覚と脳は繋がっています。
自分の体が楽になったという変化を認識することで、脳が安心感を得られます。
痛みや不調のストレスから解放された脳からは、鎮痛物質や幸せホルモンが沢山放出され、早く改善する効果があります。

この作用が働き始めた時点で、楽な体になるストーリーが始まっています。

最後はお体の状況に合わせたセルフケア、施術回数の目安、今後の通院スケジュールについてご提案させていただきます。

初回から3~5回の施術に関しては、可能な限りご提案したタイミングで施術を受けることをお薦めします。
お体が本来の良い環境に戻るまでが重要なポイントになります。

ゼロ地点(本来の元気な状態)に戻ってしまえば、あとは心配ありません。
元気な体でどんなことにも挑戦できる!
ひかり輝く人生の新たなスタートです。

ランナーの故障・コンディショニングケア
改善された患者様の喜びの声

肉離れからの回復!びわ湖毎日マラソンを走れました

お名前:藤田悠様  年齢:43歳  職業:公務員

【来院理由:右大腿二頭筋の肉離れ】

Q どのような理由で当院を選ばれましたか?

東京出張中に肉離れの症状が悪化したため、広島の行きつけの整体師の方にひかり整骨院を紹介して頂きました。

Q  実際に当院の施術を受けてみた後の症状の経過・結果・感想を教えて下さい。

2020年の2月初旬ごろに初めて受診し、以後東京出張が終わる2月末まで週1回程度のペースで通院いたしました。
当初は痛みで歩くのがやっとでしたが、施術の度に痛みが引き2週間程度で走れるようになり、3週間目には30キロを走れ、3月初旬のびわ湖毎日マラソンは恐る恐るでしたが2時間31分台で走り切る事が出来ました。

施術だけでなく、動画を用いたリハビリ指導やサプリメント等の紹介により、回復が早まったと感じました。

Q 院長、スタッフの対応・他院との違い・院の雰囲気などはいかがですか?

院長、スタッフさん共々、真剣に故障に向き合って下さる印象でした。
実施での施術だけでなく、動画やLINEによる治療方法や健康促進の情報も惜しみなく提供して下さり、回復後の健康や故障防止に対する意識改善に繋がりました。

Q ご家族、お友達にご紹介していただける場合、どのような整骨院と伝えてあげたいですか?

既に岩国から東京へ転勤になった方に紹介させて頂きましたが、院長ご自身がランナーであり、ランナーの故障の苦しみを正面から向き合って下さる整骨院と伝えました。

<院長より>

市民ランナーの中でも、2時間30分を切るトップレベルの記録をお持ちの藤田さん
中度の大腿二頭筋の肉離れからの早期回復、
2020年3月のびわ湖毎日マラソンに走れるまでになれるとは思いませんでした。無事に完走されたことが奇跡でした。

東京での施術がきっかけになり、今までの体への意識改革に繋がったことはとても嬉しいです。
常に限界に挑戦し続けている藤田さんは皆さんの目標です。
その目標ランナーとの関わりに感謝しています。

これからも、様々な形でサポートさせていただきますね。

いかがでしょうか。

当院のランナーの故障・コンディショニングケアにより、今まで辛い不調から解放され、楽になったご自身を想像してみてください。どんな姿で走られていますか?
スッキリした笑顔で走っていませんか?

本来の元気な体に戻ってからが本当のスタートです。
いままで我慢したことが出来る生活へのお手伝いをさせて頂きます。

ランナーの故障・コンディショニングケアに興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-5398-6988

受付時間:月~金 9:00~12:00/14:30~18:30
土 8:30~14:30
定休日:日曜、祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

03-5398-6988

<受付時間>
月~金 9:00~11:30/14:30~18:30
土 8:30~14:30(昼休みなし)
※水曜午後、日曜、祝日休診

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/5/11
6月3日(金)休診
2022/5/2
ひかりだより5月号を更新しました
2022/4/1
ランナーの故障・コンディショニングケアページを更新しました
2022/1/05
水曜午後は休診になりました

ひかり整骨院

住所

〒179-0081
東京都練馬区北町1-24-13
北町マンション1階

アクセス

東武東上線 東武練馬駅南口から徒歩8分
上板橋駅南口から徒歩12分

受付時間

月~金 9:00~11:30/14:30~18:30※水曜午後休診
土 8:30~14:30※昼休みなし

定休日

日曜、祝日