おはようございます。土曜日はお休みを頂き松本孝一先生mixsという呼吸と姿勢の勉強に行ってきました。

ひかりの治療で楽になって頂く事はもちろんですが、それと共に自分の体は自分で治す事も大切です。

それを伝える事も私の役目だと思っています。どんどんお伝えしますので楽しみにしてくださいね。

今日の内容も気づきが満載です。

自分の体を楽にする事に繋がる事が書いてあります。

しっかり噛みしめて読んでみてください。

今週も大笑いして過ごしていきましょう。

「人の心に灯をともす」

【私たちの魂は、肉体という衣を着ているにすぎない】

小林正観さんの心に響く言葉より…

死ぬことを心配し、怖がっている人に一言。

“生きているときは、まだ死んでいないのだから、死を恐れる必要はない”

“死んだら、もう死んでしまったのだから、死を恐れる必要はない”

死ぬことは、今私たちが住んでいる三次元の世界から単に引っ越しをするだけです。

私たちの魂は、肉体という衣を着ているにすぎません。

ですから、今、この三次元の世界で肉体という「貸衣装」を着てお付き合いをしている人たちとは、握手したり、抱き合ったりできるならば、しておいたほうがいいのです。

最後に会ったときに眉間にシワを寄せて口が「への字」だったというのは、悔いが残るでしょう。

いつ最期になるかわからないのですから、つねに悔いが残らないような触れ合いをしていくことをお勧めします。

この世界で神様と呼ばれている存在とは、肉体という「貸衣装」のレンタル会社の社長のようなものです。

私たちの魂は、肉体という衣を着ているにすぎません。

ですから、私たちは最期に、神様にその貸衣装をボロボロにして返却したら申しわけないと思います。

神様だって「この人は、せっかく高級品を貸してあげてもこんなにボロボロにしてしまうのだったら、次は高級な衣装を貸すのはやめよう」と思うのではないでしょうか。

酒、タバコ、暴飲暴食に加えて「不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言い続けて『貸衣装』をボロボロにしてしまった」と思う人は、これから死ぬまでの間に、肯定的な言葉や「ありがとう」という言葉をたくさん言ってみること。

「ありがとう」を言うことで、この衣装は修復されるらしい、という法則を知った瞬間から、ひたすら実践してみることをお勧めします。

そうしてボロボロのままではなく、ちゃんと修復して返せば、「この人は貸衣装を大事にしてくれるから、次は安心して上等な衣を貸してあげようかな」と、レンタル会社の社長(神様)はニッコリ笑ってくれるのではないでしょうか。

『この世の悩みがゼロになる』大和書房

我々人類は今もって、生命体をゼロから作り出すことはできない。

大腸菌ひとつ、つくり出すことはできない。

人間の肉体など論外だ。

つまり、それだけ精緻で細部にわたりきめこまかくできている肉体は、神様からの贈り物と考えるしかない。

しかしながら、自分の肉体は自分のもの、と思っている人は多い。

自分のもの、と思う人は、乱暴だったり、ぞんざいに扱ったりする。

もし、神様からお借りしているのだ、と思うなら一瞬たりとも粗末に扱うことはできない。

借りて住んでいる家でさえ、出ていくときは、部屋をよごしたり、傷つけたりしたら修復を要求される。

お借りしている我々の肉体も同じ。

肉体を一番傷つけるのは、我々が日頃使う言葉。

「不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句」は、人に言っているつもりでも、実は自分が一番影響を受ける。

なぜなら、自分が一番聞いているからだ。

神様からお借りしている自分の体を大切にしたい。


The following two tabs change content below.
阿部 健一(あべ けんいち)

阿部 健一(あべ けんいち)

当院は「笑顔・ユニーク・感謝」の理念を基にスタッフ全員が同じ気持ちで皆様をお迎えしています。 それは患者様の痛み・辛さが楽になった時の笑顔、思わず笑ってしまうくらい驚きの変化、治療に来て頂く事の感謝の気持ちでお手伝いする事が楽になって頂ける一番の近道だと思っているからです。

ひかり整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ひかり整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 03-5398-6988 受付:9:00~12:00/14:30~19:30
   ※土曜8:30~15:00
休診:日曜・祝日
住所:東京都練馬区北町1-24-13 北町マンション1階
最寄駅:東武練馬駅徒歩7分 上板橋駅徒歩12分
地図・行き方