おはようございます。

院長の阿部健一妙尚です。

本日の【人は軽きがよし】を読んで五木寛之氏はさすがに上手く表現されているなぁと

思いました。

私のイメージでは「真剣」は前に進んでいく!と「深刻」は動きが止まっているという感じ

がします。

皆さまはどの様に感じられますか?

じっくり読んでみて下さい。

 

「人の心に灯をともす」
【人は軽きがよし】


五木寛之氏の心に響く言葉より…


十五世紀の宗教家に、蓮如(れんにょ)という人がいました。

宗門のなかでは親鸞とならぶほど大事にされているのですが、

学者や評論家にはめっぽう評判がわるい。 その功罪はともかくとして、蓮如はおもしろいことを言う人でした。 「人は慣れると手ですることを足でするようになる」 などという言葉には、思わず笑ってしまいます。 私はサル年で、足が器用なものですから、つい足をつかう。 床に落ちている十円玉を足指でつまみあげるのは、今でも得意です。 しかし、蓮如の言葉を知ってから、なんとなく躊躇(ちゅうちょ)するところがある。 「人は軽(かろ)きがよき」 などという文句は、この国でそうざらに耳にすることのできる文句ではないと思います。 蓮如はまた、 「しゃべれ、しゃべれ」 と、人びとにすすめている。 地主も、武士も、農夫も、関係ない。 集まってどんどん議論せよ、と言うのです。 「しゃべらぬ者は、おそろしき」 とさえ言っている。 政治家も、学者も、作家も、俳優も、アスリートも、みんな軽くなった、

と嘆く人がいます。 軽佻浮薄(けいちょうふはく)の世の中、などといわれながらも、

実際には軽いことはマイナス評価なのです。 私は軽く年をとっていきたいと、かねがね考えてきました。 まあ、軽薄な老人、というのは、あまり格好のいいものではありません。 ときには、周囲をうんざりさせる存在かもしれない。 しかし、これから「団塊の世代」が雪崩(なだれ)をうって高齢化していくのです。 国民総高齢化の時代とは、この国がいまだに体験したことのない未知の世界です。 いま五十歳のビジネスマンは、あと五十年生きなければならないかもしれない。 その後半戦をどう生き抜いていくか。 長く生きるということは、一つの重圧でもあります。 経済と体力と、両方の面でさまざまな困難とむきあうことになる。 しかし、できれば沈鬱(ちんうつ)に老いていくことはさけたいと思う。 『好運の条件』新潮新書 「真剣と深刻とは違う。 悲劇の主人公のような生き方は真剣とは言わない。 真剣というのは、もっと軽いものである。 真剣になればなるほど軽くなれる。 『軽さ』の頭に「あ」をつければ「明るさ」になる。 真剣な人は「明るい人」である。 眉間(みけん)に皺(しわ)を寄せて深刻に生きている人は、実は一番真剣に生きていないのではないか (感奮語録・行徳哲男)より 軽く、明るく生きている人は、実は真剣に生きている。 眉間に皺を寄せ、深刻そうに生きている人は、嘘っぽい。 困難であればあるほど、難しければ難しいほど… かろやかに、明るく、そして、「軽く」生きてゆきたい。
 「練馬・板橋」の整体、鍼、灸施術
ひかり輝く人生のお手伝いはひかり整骨院
 

The following two tabs change content below.
阿部 健一(あべ けんいち)

阿部 健一(あべ けんいち)

当院は「笑顔・ユニーク・感謝」の理念を基にスタッフ全員が同じ気持ちで皆様をお迎えしています。 それはお客様の痛み・辛さが楽になった時の笑顔、思わず笑ってしまうくらい驚きの変化、施術に来て頂く事の感謝の気持ちでお手伝いする事が楽になって頂ける一番の近道だと思っているからです。

ひかり整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ひかり整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 03-5398-6988 受付:9:00~12:00/14:30~19:30
   ※土曜8:30~15:00
休業:日曜・祝日
住所:東京都練馬区北町1-24-13 北町マンション1階
最寄駅:東武練馬駅徒歩7分 上板橋駅徒歩12分
地図・行き方