15年来の変形性膝関節症と脊柱管狭窄症

60代 女性 患者様からのご紹介です

15年前からの膝痛、3ヶ月前からの腰痛、左臀部痛、左下肢痛

病院では変形膝関節症(ロックされて曲がりにくい)、脊柱管狭窄症と診断されています。

初診時の段階で定期的にテニスをしているとのことでしたが、この状態で?と思うくらい膝が伸びた状態で歩かれていました。

長時間歩くと腰と左臀部から左下肢に痛みが出ます。

当院の治療は変形が治る、狭窄が治るというのではなく今の現状のなかで一番楽になる事を目的に治療をしていく事をお伝えしました。

この患者様の口癖は「痛いけど~できる」でした。

本当は「痛みなく~できる」ほうが嬉しいですよね。

「痛いけど」と発している時点で脳は「痛くていいんだ!」と痛みを肯定してしまうのです。

しかし、長期間痛くても動けていると「痛みはあって当たり前」と思ってしまうのは仕方ないと思います。

15年来の変形性膝関節症と脊柱管狭窄症の治療

p7050006%e8%86%9d%e6%b2%bb%e7%99%82%ef%bc%91

(治療イメージ画像です ご本人ではありません)

治療前の状態と症状の変化を細かく確認して頂きながら治療を行いました。

そして、少しでも変化している事が楽になっている事だという事を認識して頂きました。

最初は、加重しない状態で膝の曲がりが以前より楽になっていることからスタートしました。

次に加重時の痛みや歩行時の痛みが以前より楽になっている事を確認するという順番です。

過去の事から現在の事へ脳をシフトする。パソコンで言えば上書きするような感じですね。

15年来の変形性膝関節症と脊柱管狭窄症の治療結果

約2ヶ月半の間に最初の4回は週に1度、その後は2週間に1度の治療を計8回行いました。

初診時は痛みを我慢しながら膝を伸ばした状態での歩行でしたが、5回目以降は膝を曲げながらの歩行が可能になりました。

そして、痛みが違和感や重さや気になるくらいに変わりました。

7回目の来院時は膝をしっかり曲げた歩行で来院されました。

これには驚きましましたが、ご本人はまだ膝が重くて…気持ちは良く分かります。

私からの言葉は

「こんなに楽になって良かった!膝に感謝」と言ってあげた方が膝が喜びますよ。

患者様も

「そうですよね!」と理解して頂きました。

腰・左下肢の痛みも長時間の歩行が可能になり、治療後の買い物が楽しみになったそうです。

毎回、大きな買い物袋をもっていらしていました(笑)

長期間の痛みや苦痛は楽になっていても「それが当たり前」「相変わらず」といった言葉をついつい使ってしまいますよね。

体は治りたいので「楽になって良かった」と褒めてあげる事が早く楽になり長持ちする秘訣です。

15年前からの膝痛がスタスタ歩けるようになって頂けて本当に良かった!

楽になって好きな事が出来る喜びを感じて頂けて嬉しいです。


The following two tabs change content below.
阿部 健一(あべ けんいち)

阿部 健一(あべ けんいち)

当院は「笑顔・ユニーク・感謝」の理念を基にスタッフ全員が同じ気持ちで皆様をお迎えしています。 それは患者様の痛み・辛さが楽になった時の笑顔、思わず笑ってしまうくらい驚きの変化、治療に来て頂く事の感謝の気持ちでお手伝いする事が楽になって頂ける一番の近道だと思っているからです。

ひかり整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ひかり整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 03-5398-6988 受付:9:00~12:00/14:30~19:30
   ※土曜8:30~15:00
休診:日曜・祝日
住所:東京都練馬区北町1-24-13 北町マンション1階
最寄駅:東武練馬駅徒歩7分 上板橋駅徒歩12分
地図・行き方