3ヶ月前からの腕のシビレ

50代 男性 ラーメン屋さん

症状は3ヶ月前から左上腕部のシビレ

立っている時、仰向けで寝てると症状が強くなり、首肩のコリと張りがとても強い状態でした。

整形外科ではレントゲン検査で背骨の間が狭くなっていると診断され、ビタミン剤と痛み止めを処方されてそうです。

検査では斜め上を向く動作でシビレが出ます。

整形外科では頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、頚肩腕症候群などの病名がつく症状です。

3ヶ月前からの腕のシビレの治療

日常的に同じ動作が多い事で首肩の筋肉の緊張が強くなり、神経の流れが邪魔される事でシビレが出ていました。

全身のバランスを整える為にひかり式手技整体を行い、その後に頚椎椎間板ヘルニア・頚椎症専門治療を行いました。

首の動きが楽になり、来院時より腕のシビレ感が軽減した時点で終了。

今までの負担の積み重ねが現在の症状であることを理解して頂き、症状改善には5~7回の治療が必要である事をお伝えしました。

(注)1回の治療ごとの改善、変化はあります。

3ヶ月前からの腕のシビレの治療結果

その後、通院されなかったので経過が分かりませんでしたが、3ヶ月後に連絡を頂き来院されました。

前回のシビレは治療後しばらくしてなくなったそうです。

その時の効果を実感し、今回は「肩の辛さと極度の疲労感が楽にしたい」と再来院されました。

全体のバランスを見ると初診時のような極端な歪みがなく、治療前よりも良い状態を維持できているようでした。

今回の症状を改善するためにお腹の治療と肩の皮膚剥がしを行い、スッキリ楽になって頂きました。

皮膚剥がしは、かなり痛いので「ここの治療で初めての痛い治療でした!」と笑って帰られました。

私からも「患者さんにとって、その時一番効果の出る治療をしてますから…」と苦笑いでした。

一人で全ての業務をこなさなければならない状況では頻繁に治療する事が出来ないようです。

絶対に継続しなくて行けないという事ではなく、その方に合った通院方法で良いと思います。

なぜなら、すべて自分が選んでいる人生だからです。

早く楽になる体に戻すために、私が出来る最大限のお手伝いをさせて頂きます。

「体・心・見えない部分まで楽になる整体」


The following two tabs change content below.
阿部 健一(あべ けんいち)

阿部 健一(あべ けんいち)

当院は「笑顔・ユニーク・感謝」の理念を基にスタッフ全員が同じ気持ちで皆様をお迎えしています。 それは患者様の痛み・辛さが楽になった時の笑顔、思わず笑ってしまうくらい驚きの変化、治療に来て頂く事の感謝の気持ちでお手伝いする事が楽になって頂ける一番の近道だと思っているからです。

ひかり整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ひかり整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 03-5398-6988 受付:9:00~12:00/14:30~19:30
   ※土曜8:30~15:00
休診:日曜・祝日
住所:東京都練馬区北町1-24-13 北町マンション1階
最寄駅:東武練馬駅徒歩7分 上板橋駅徒歩12分
地図・行き方