おはようございます。

院長の阿部健一妙尚です。

古来から日本人は言葉には霊的な能力があると伝えられてきました。

だからこそ、言霊を大切にする日本の文化は大切にしていきたいですね。

先日「ひふみの祝詞」を上げると身体が楽になる事を経験しました。

師匠から、おそらく日本人のDNAに響くからではないか?と教えて頂きました。

言葉の使い方、意識して過ごしましょう!


「人の心に灯をともす」
【大和言葉を美しく話す】


高橋こうじ氏の心に響く言葉より…


大和言葉とは、太古の昔に私たちの先祖が創り出した日本固有の言葉。

また、その伝統の上に生まれた言葉です。

「山(やま)」「川(かわ)」「夢(ゆめ)」「ふるさと」、みんな大和言葉です。


日本語の単語は三種類あり、残る二つは漢語と外来語です。

漢語は中国語から取り入れた言葉で、「山地(さんち)」「河川(かせん)」など、

つまり漢字の読み方で言えば、音読みで発音されるのが漢語。 訓読みが大和言葉です。 外来語は中国以外から来た言葉で、多くはカタカナ表記です。 たとえば、「はじめる」は大和言葉で、同じ意味の漢語は「開始」、外来語は「スタート」。 私たちはこんなふうに三種類の日本語を日常的に使っています。 大和言葉が日本人の心に染みるのは、日本の風土の中で生まれた言葉だからです。 たとえば、「地面が盛り上がったところ」は、先祖たちにとって「や」「ま」という
二つの音で表すのが一番しっくり来るもの。

だから「やま」になりました。


つまり、大和言葉はその一音一音が先祖たちの感性の投影なのです。

たとえば漢語の「故郷(こきょう)」を考えてみても、私たちはその単語を
一つのユニットとして認知し、意味を理解するのに対し、大和言葉の「ふるさと」は
「ふ」「る」「さ」「と」の一音一音が心に響きます。


大和言葉には、このように「心に染みる」特性があります。

ところが、最近は、造語能力に富む漢語や一見おしゃれな外来語に押されて、長く愛され、
用いられてきた美しい大和言葉があまりに使われない、という現象が生まれています。

これは本当にもったいない話。


たとえば、「街で○○さんを見かけたけど、チョー素敵だった」

いまや老若男女を問わず口にする「チョー」。

でも、あまりに頻繁に使われるため、最近は、聞く人の心に響いている印象がありません。


「チョー」と言いたいときには、むしろそれを避けて、別の言葉で言ってみましょう。

一番のお勧めは「このうえなく」。

大和言葉特有の柔らかさと穏やかさを持った言葉です。


人や作品を評価する際に、「このうえなく素敵だった」「このうえなくおいしい」
といった形で使ってください。

「それより上のものがない」という意味ですから、要するに「最高に」「最上に」ということ。

漢語では表せない「あふれる思い」が伝わります。


また、「心を打たれた」「感激した」と言いたいときには、
より優雅な言い方あるので紹介しましょう。

「いたく」です。

漢字にするなら「痛く」。

つまり、痛みを感じるほど強く心を打たれた、ということ。

友達が親切にしてくれたときなどに「いたく心を打たれた」と言えば、
照れくさいほどの深い感謝を表現できます。


もう一つ、「チョー」に代わる言葉を。

「懐かしむ」「愛する」という語の前に、その度合いを強調する言葉をつけたいときは、

「このうえなく」よりも「こよなく」が似合います。 「ふるさとをこよなく懐かしむ」「家族をこよなく愛している」言ってみてください。 懐かしさや愛情の奥行きがぐっと増します。 『日本の大和言葉を美しく話す』東邦出版 高橋氏は本書の中でこう語る。 「われらがご先祖たちは、日本を『言霊(ことだま)の幸(さき)わう国』と呼んでいました。 言霊が栄えさせている国、ということです。 たとえば万葉集には、柿本人麻呂のこんな歌が収められています。 『しきしまの大和の国は 言霊の幸わう国ぞ ま幸(さき)くありこそ』 この日本の国は、言霊、すなわち言葉が持つ霊的な力によって幸せになっている国です。 これからも平安でありますように」 日本は、古来より言葉には力があると信じてきた。 大和言葉を美しく使うことは、幸せを招くことにつながる。 言葉の乱れは、心や生活の乱れ。 大和言葉を美しく話したい。

The following two tabs change content below.
阿部 健一(あべ けんいち)

阿部 健一(あべ けんいち)

当院は「笑顔・ユニーク・感謝」の理念を基にスタッフ全員が同じ気持ちで皆様をお迎えしています。 それはお客様の痛み・辛さが楽になった時の笑顔、思わず笑ってしまうくらい驚きの変化、施術に来て頂く事の感謝の気持ちでお手伝いする事が楽になって頂ける一番の近道だと思っているからです。

ひかり整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな施術なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ひかり整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や施術方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 03-5398-6988 受付:9:00~12:00/14:30~19:30
   ※土曜8:30~15:00
休業:日曜・祝日
住所:東京都練馬区北町1-24-13 北町マンション1階
最寄駅:東武練馬駅徒歩7分 上板橋駅徒歩12分
地図・行き方