今年の夏は今までに経験したことのない異常な猛暑が続いています。

必然的に冷房を使い続ける生活をせざるおえないのではないでしょうか?

そこで悩まされるのが冷房病による頭痛です。

冷房により自律神経の働きが悪くなり、脳への血流不足による頭痛が起きてしまいます。

そこで冷房病の原因と、どういった仕組みで体調に変化が起きるのかを理解して予防していきましょう。

私たちの体には、暑さや寒さに対応して体温を一定に保つ働きが備わっています。

これらの体温調整や発汗をコントロールしているのが、自律神経です。

ところが冷房で体が冷え過ぎたり、冷房のきいた屋内と炎天下の屋外を出入りしたことにより自律神経が混乱し、バランスが乱れて体調を崩してしまうのです。

いわゆる「自律神経の乱れ」です。

自律神経に負担がかかってくると、手足の冷えや頭痛、だるさ、肩こり、腰痛、便秘、下痢といった冷房病の症状がでてきます。

これらは冷え症の症状と同じなので寒さ対策をすれば大丈夫と思い込でしまう人もいますが、冷房病は症状がひどくなると慢性化し冷房がきいている部屋に入ると症状が出るのが特徴なのです。

自律神経は活動している時に働く「交感神経」とリラックスしている時に働く「副交感神経」からなっています。

交感神経は血管を開いて体温を下げる。副交感神経は血管を収縮し体温を上げる体温調節機能があります。

今年のような猛暑では冷房の効いた所とそうでないところを行ったり来たりすることで、体は急激な気温差を感じます。

そのせいで温度差に体がついていかず、暑いのか寒いのかが分らなくなり混乱してしまいます。

その結果、自律神経のバランスを崩してしまうのです。

自律神経は血液の流れのほか、胃腸の働き、ホルモン分泌調整などの機能もあるため、

消化機能の低下やホルモンバランスの乱れによる頭痛を引き起こします。

☆冷房病による自律神経の乱れを予防するには

◎室内の温度を下げすぎない

設定温度を高くし、扇風機を併用するのが効果的です

◎膝掛けや腹巻きなどで冷えから体を守る

お腹や膝下を冷たい風から守りましょう

◎ぬるめのお風呂に入る

全身の血液循環を良くします

◎体を温める食事を心がける

内臓から温める事も大切です

◎睡眠をしっかりとる

不調はしっかり睡眠を取ることから回復に向かいます

☆自宅で出来るケアとして有効なのが

◎ふくらはぎの運動(つま先立ちを繰り返す)

第2の心臓を動かす事で血液循環を活発にします

◎腹式呼吸(自律神経の働きを正常に出来ます)

良い酸素を沢山取り入れましょう

以上の事を参考に自宅での予防に役立てみて下さい。

ひかり整骨院の頭痛治療を詳しく見る。

<改善症例>3週間前からの頭痛、後頭部の神経痛


The following two tabs change content below.
阿部 健一(あべ けんいち)

阿部 健一(あべ けんいち)

当院は「笑顔・ユニーク・感謝」の理念を基にスタッフ全員が同じ気持ちで皆様をお迎えしています。 それは患者様の痛み・辛さが楽になった時の笑顔、思わず笑ってしまうくらい驚きの変化、治療に来て頂く事の感謝の気持ちでお手伝いする事が楽になって頂ける一番の近道だと思っているからです。

ひかり整骨院の施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
ひかり整骨院は、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 03-5398-6988 受付:9:00~12:00/14:30~19:30
   ※土曜8:30~15:00
休診:日曜・祝日
住所:東京都練馬区北町1-24-13 北町マンション1階
最寄駅:東武練馬駅徒歩7分 上板橋駅徒歩12分
地図・行き方